2015-12-23

総合批評誌『ヱクリヲ』 Vol.3のお知らせ、2015年もありがとうございました


このたび、総合批評誌『ヱクリヲ』 Vol.3にて、作家の青木淳悟さんのインタビューをお手伝いさせていただきました。青木さんはデビュー当時から追い続けている大好きな作家さんの一人でしたので、たいへん貴重な体験となりました。『ヱクリヲ』はこちらのサイトより、通販で購入することができます。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

***

すっかりご無沙汰しているあいだにいくつかメールをいただきましたが個別にお返事ができておらず、大変申し訳ありません。ありがとうございます。この場でお礼を申し上げます。

2015年もあとわずか。夏頃から本格的なお勤めに出てしまったため、なかなか思うようにブログの執筆に時間を取ることができず、ヤキモキする日々が続いています。来年はもう少しこちらの更新にも力を入れていきたいと思っています。Apple Musicが始まってから新しい音楽も少しずつ聴くようになりましたので、そういった内容のものをいくつか。そして、せっかく上京したのだから...と、田舎では疎遠になっていた映画館にもなるべく足を運ぶようにしていますので、印象に残った作品についても追々書きたいと思っています。

ちなみに、今年、映画館で観た作品を思い出せる限り書き出してみると...

・さらば愛の言葉よ / ジャン=リュック・ゴダール(2014年・フランス)
・エッセネ派 / フレデリック・ワイズマン(1972年・アメリカ)
・ひなぎく / ヴェラ・ヒティロヴァー(1966年・チェコ)
・やさしい女 / ロベール・ブレッソン(1969年・フランス)
・インヒアレント・ヴァイス / ポール・トーマス・アンダーソン(2014年・アメリカ)
・神々のたそがれ / アレクセイ ゲルマン(2014年・ロシア)
・熊座の淡き星影 / ルキノ・ヴィスコンティ(1965年・イタリア)
・駅 / クシシュトフ・キェシロフスキ(1980年・ポーランド)
・わたしの叫びを聞け / マチェイ・J・ドルィガス(1991年・ポーランド)
・ザ・ヴァンパイア / アナ・リリー・アマポアー(2014年・アメリカ)
・マリア・ブラウンの結婚 / ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー(1979年・ドイツ)
・ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール / スチュアート・マードック(2014年・イギリス)
・コールド・フィーバー / フリドリック・トール・フリドリクソン(1995年・アイスランド)
・デヴィッド・ボウイ・イズ / ハミッシュ・ハミルトン(2013年・イギリス)
・そして僕は恋をする / アルノー・デプレシャン(1996年・フランス)
・アンジェリカの微笑み / マノエル・ド・オリヴェイラ(2010年・ポルトガル)

やはり旧作が多いように感じるのですが、DVDが高価で入手困難な、前々から観たいと思っていた作品はもちろん、映画好きなお友達に誘われて新たに挑戦した監督の作品もあり、少ないながらもなかなか充実していたのかな。ゴダールが新作なのが凄いですが(笑)来年はお友達の影響で侯孝賢やエドワード・ヤンの作品にも触れる機会がありそうです。そして、オリヴェイラ監督の追悼特集も一年を通じてあるようなので、今からとても楽しみにしています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。